Fit3 ハイブリッド

3台続けてステップワゴンスパーダを乗り継いできましたが、年末にFit3ハイブリッドに乗り換えました。Sパッケージが既に生産を終了していたのでLパッケージを選択。もうマイナーチェンジが近いので仕方ないですね。

今回は、ほぼ維持費だけで決めました。ガソリン代は口コミなどを参考にすると、ステップワゴンの1/3程度になりそう。

ステップワゴンの平均燃費が7km/Lほどで、3年弱で33,000kmを走行。同じ距離をFitハイブリッド(平均22km/L)で走った場合、リッター148円で計算すると、燃料費の差額は50万円弱になります。

大抵、車検前に乗り換えるので、車両価格の差額も含めるとFit3 13G(ガソリン車)のほうがお得なんですけど、3年後の下取り価格も考えると、最低限ハイブリッド車じゃないとツライ気もします。

そして、最近、ガソリン価格は下がる一方。維持費が相当安くなりそうなので期待しております。

新型ステップワゴン SPADA Z COOL SPIRIT納車

今日は新型ステップワゴン SPADA Z COOL SPIRITの納車日でした。久々に大安、快晴。

stepwgn

納車後は、ほぼ前回と同じ。断熱フィルムを貼り、ホーンをBOCHE Rally Evolutionに交換する流れは、もはや儀式。

耐熱シート貼り

今回付けたディーラーオプションのナビ「メモリーインターナビ地デジモデル(VXM-122VFi)」はメーカーオプションのナビと異なり、USBコネクタがグローブボックスの中。こっちのほうが、コードが見えなくていいかな(インターナビ用のUSB通信モジュールもグローブボックス内に設置)。

USBコネクタ
コンポジット端子も付いていて、iPhone/iPodから映像の出力もできるようになっています。

USB接続時のオーディオ画面はこんな感じ。
VXM-122VFi

そして、Bluetooth AUDIO接続時は、こんな感じ。
VXM-122VFi
ナビ画面上部のバッテリー表示は、Bluetooth接続しているiPhone4Sのバッテリー残量。

サイバーナビではBluetooth AUDIO接続時に曲名が表示されなかったんですが、このナビではちゃんと表示されます。それにナビ自体の起動が速いのとBluetoothのリンクアップも速いので、イグニションONから数秒で曲が再生できました。

このナビではオプション設定のハンドルリモコンも付けました。
ハンドル

正直、純正ナビを舐めてました。もう、あえて社外品を選ぶような時代じゃないですね。

【RK5】STEPWGN SPADA Z COOL SPIRIT【三台目】

車を修理するついでに、4月にマイナーチェンジするRK5(STEPWGN SPADA)に乗り換えることにしました。同一車種を3回も乗り換えるってのもアレなんですが…。

現行RK5との違いは
・VSA+ヒルスタートアシスト機能
・全席3点式シートベルト
・LEDハイマウントストップランプ
・アイドリングストップ
・クルーズコントロール
・1列目シートセンターテーブル
・2列目キャプテンシート
・全席ヘッドレスト
・リアコンビネーションランプ
など。

ヘッドライトがプロジェクター風(中身はHIDのままですが)になって顔つきが変わったのと、アイドリングストップ、2列目キャプテンシートあたりが大きな違いでしょうか。

今回、最初からCOOL SPIRITというパッケージが設定されていてノーマルSPADAとの違いは

・17インチアルミホイール(205/55 R17)
・本革巻セレクトレバー
・スウェード調ファブリック&グランスムース・コンビシート
・ダーククロームメッキ(フロントグリル/アウタードアハンドル/リアライセンスガーニッシュ)

という感じ。フロントグリルがクロームメッキからダーククロームメッキになるので、だいぶ見た目が変わりそうです。

3パターンの見積もりを取って最終的に

・STEPWGN SPADA Z COOL SPIRIT ホワイトオーキッドパール
・キャプテンシート
・メモリーインターナビ地デジモデル(VXM-122VFi)

となりました。

今回はあえてディーラーオプションのナビに。

メーカーオプションのHDDナビはBluetooth Audioに非対応だったので却下。ずっと使い続けてきたCYBER NAVIも同じモノを付けたくなるほどでもなく(クルーズスカウターも使ったのは最初だけ)、ステアリングに内蔵されたリモコンとか、埋込式のUSBジャックなど、純正品のまとまりの良さのほうが、今回は魅力的に感じたので。

そして、ボディカラーは新色のホワイトオーキッドパールが、とてもガンダムホワイトっぽい感じなので即決。

価格的には、350万超えと、もう5ナンバーのミニバンの価格帯じゃない気がしますが、修理後の車両下取りが210万、値引が26.5万(本体+オプション)、加えてエコカー補助金10万と条件が良かったので契約。納車は4月末頃になりそう。

もうね、RK5バカと呼ばれても平気です(´д`)。

絵に描いたようなツイテナイ話

こっそり、新iPadを予約したことを嫁に話したら、実は私もXperia acro HDを検討していたので買っていいですかね?という話になり、「予約してきちゃいなよ?」と私が言ったことが発端。

夕ご飯を食べ終わってから、「ちょっとドコモにacro HD予約にいってくる!」と嫁が喜び勇んで出かけたのが20:00頃。

駐車場から車を出そうとしたら、目の前に「ぬこ」が居たので、それを避けようとしたところ、車止めにフロントタイヤ側面がヒットしてしまい、パンク。

スペアタイヤが無く(最近の車は燃費などの問題からスペアタイヤを搭載していない)、パンク応急修理キットでも直せる状態では無かったので、JAFに車両牽引を要請。その間にディーラーに連絡を取る。

ディーラーは19時で閉店していて連絡が付かず、オートバックスに連絡をしたら21時までならOKとのこと。しかし、JAFが到着するのは60〜90分後で微妙に間に合わず。最寄りのガソリンスタンドにタイヤの在庫があるというので、21時を過ぎても大丈夫か訪ねると「待ちますよ」との返答をもらい、そのままJAFの到着を待つ。


21時頃にJAF到着、スタンドまで牽引してもらう。13,000円也。

JAFの人「ガレージまで車を運びましょうか?」
スタンド店員「いえ、そのままで大丈夫です」

スタンド店員が「じゃあ、すぐにやっちゃいますね」と車に乗り込み、ガレージへ移動させようとしたところで、後部バンパーをポールにヒットさせて車を凹ませる。

JAFの人も含め、全員唖然…。いったい何をすぐやっちゃうつもりだったのかと小一時(ry。

スタンド店員が「すいません。弁償します…。」と言いつつ、タイヤ交換の見積もりを持ってきたので見てみると、フロントタイヤ2本の交換で48,700円という金額…。この金額に重ねて唖然(市場価格的には1本12,000円くらいなのでおよそ倍の価格)。

という流れ。

・こっそりiPadを予約した自分。
・閉店間際にacro HDを予約しに行こうとした嫁。
・駐車場にいた「ぬこ」。
・閉店後も待ちますよといった店長。
・JAFの人に車の移動をまかせなかった店員。

振り返ると、関わった人が全員、途中で選択を間違った気がするのですが、数時間でacro HDの代金と、ほぼ同額が消えました。

これは何かのお告げでしょうか(´д`)。






AVIC-ZH09CS

今日は新車の納車日でした。前回は仏滅納車だったのですが、今回は大安。そして恒例の雨。直近3台の納車日が雨とか…(´д`)。

車のほうは同じ車種なので、当たり前ですが座席に座ってしまえば、変わり映えもせず。引き渡し後にカーショップへ行き、断熱フィルムを後部5面に貼って、ホーンをBOCHE Rally Evolutionに変更したのも、前と同じ。
New Car

そして、我が家で5代目になるサイバーナビ。

2002年 AVIC-V07MD (Fit)
http://pioneer.jp/press/2001/0509-1.html
2004年 AVIC-ZH900MD (SPIKE)
http://pioneer.jp/press/2004/0512-2.html
2007年 AVIC-ZH099G (STREAM)
http://pioneer.jp/press/2007/0509-4.html
2009年 AVIC-ZH9900 (STEPWGN SPADA)
http://pioneer.jp/press/2009/0507-1.html

と使い続けてきて、今回は

2011年 AVIC-ZH09CS (STEPWGN SPADA)
http://pioneer.jp/press/2011/0509-1.html

今回大きく違うのは

クルーズスカウター
クルーズスカウターユニット。ドライバー目線のカメラ付き。

FOMA L-05C
そして、3年間通信費込みのFOMA通信モジュール。型番はL-05CでLG製でしょうか。一応、PCに差したりしてみましたが、カーナビ専用のAPでしか使えないのかな。

早速、ARナビゲーションを体験しようと走り始めると、ディーラーさんの設定が適当すぎて
設定ミス
緑の誘導線が前方車両に突き刺さってます。おまけに、前方車両をロックオンすることができず、いろいろ試行錯誤した結果、車両情報(車高、カメラの高さ)が不足していることが分かりました。

そして、自分でクルーズスカウターの設定をやりなおしたのがこちら。
調整後
このカメラ位置の設定が、かなりシビア。とりあえず、だいたいこれくらいという値を入力してみたのですが、車間距離の測定値が大きな値になってしまいます。

あと、上の写真で赤枠で囲まれているのは赤信号を検出しているようなのですが、「赤い看板」「赤いネオン」「赤い車」などなど、赤いものは全部検出してしまいます(´д`)。信号待ちなどで前方車両が動き出すと、それを検出して教えてくれる機能は結構使えると思いますが、赤信号検出はあまり使えないかも。

とはいえ、交差点の右折、左折は地図表示より、実写のほうがわかりやすくていいですね。


そして、めでたく前方車両のロックオンに成功。
ロックオン
ただ、車両の認識率があまり高く無く、なかなかロックオンしてくれません。一旦ロックオンすると前方車両が車線変更しても追従するのに(´д`)。

あくまで推測ですが、挙動を見た限りではナンバープレートを認識してロックオンしているようで、前方車両がトラックで緑ナンバーだったり、取り付け位置が中央でない車両は、ロックオンしてくれないように感じます。また、普通の車両でも逆光がきつかったりするとほとんどロックオンしてくれませんでした。この機能はおまけ程度に考えておいたほうがよさげ。

それよりも、ルート検索の機能が先祖返りしたような状態で、マルチ検索にエリアを入力できなかったり(一度検索をしてから、絞り込みでエリアを追加しないといけない)、クイックルート探索が無くなっていたりします。こういう、よく使う操作のステップ数が多くなっているのには、かなりイライラ。いちいち「ここへ行く」→「案内開始」と操作するのメンドイ…。

あと、通信を利用するサービス(ガススタ価格情報など)の一部は、未提供状態で利用できなかったり(6月下旬からサービス開始)、3年間通信費込みのUSBモジュールを同梱しているのに、通信開始の度に「回線を接続します。よろしいですか?」と訪ねてくるあたりも煩わしく、全体的に完成度が低さが目立つのが残念。今後のアップデートで改善してくれることを期待します。

今後もこの方向(AR)で進化するのか、キワモノで終わるのかどっちかなー。グラスレスじゃない3Dもそうなんですが、これもARっていうよりスーパーインポーズじゃん、という80年代に似たような体験をしているオジサンからすると、本気でARをやるならKINECTみたいにカメラに映る環境を丸ごとモデリングして合成してほしいのです。


ブラキッシュパール

当初、修理代50万と言われていましたが、板金屋で詳細に調べた結果、Bピラーが曲がっていることがわかり、修理代が98万に跳ね上がる結果に。修理しない場合に支払われる車両保険金額は消費税などを抜いた80万円くらいになるらしい。

新車特約で310万まで出るので、修理費として出るのは半分の155万までなんですが、なんとも中途半端(´д`)。

加えて事故車扱いとなるため、修理前の下取り価格も大幅に減額。125万から55万に目減り…。Bピラーって交換可能なのに事故車扱いになっちゃうってどうなの?と思いますが。

ということで、修理代が48万上がり、下取り価格が70万下がるという非常に悩ましい状況に。実は差額が150万以下だったら新車に乗り換えるつもりでいたので、いきなり出鼻をくじかれてしまいました。

かなり悩みましたが、次の乗り換えでも減額査定されることだし、下取り55万+車両保険80万で135万の下取り価格と考えると、この金額が出るのは今だけだろうということで、「ええい、買い換えてしまえ!」ということになりました。

あと問題は納車時期。メーカーに発注しないといけない車種は6月末以降になるそうなので、在庫を探して貰ったところ、今と同じポリッシュドメタルが1台とブラキッシュパールが2台だけ。

第一希望がホワイトパール、第二希望がブラキッシュパールだったので、ブラキッシュパールを選択。オプション類は、前回と同じ物。

ナビは5月下旬発売のサイバーナビ(AVIC-ZH09CS)とバックカメラ(ND-BC5)を付けて貰い、光ビーコンを削除。今回のサイバーナビは3年間の通信費込みのFOMA通信モジュールが同梱されているので、スマートループ使い放題だし、ビーコンは要らないかなということで。

車自体の納車は最短で6/8なんですが、新型サイバーナビの発売日が今日27日ということで、ナビが足を引っ張りそうな予感もしますが、これで契約しました。

最終的な値引は27万5千円+α(オプション類)で40万弱でした。

そういえば、新型サイバーナビ、ARスカウターモードばかり気になっていましたが、実はドライブレコーダー代わりにもなるそうで、衝撃を感知した前後20秒を自動的に録画できるようです。

嫁ちゃん。次、また事故ったら、車載映像を確認しますよ(´д`)。






車を買い換えるか否か

@brownsugar_t こんな感じ。修理代50万くらいですかねー(´д`)。

右側面をガリガリっと…。運転席側の窓ガラスは粉々。

運転席がガラスの破片だらけだったので、ディーラーさんにお願いして引き取りに来て貰い、そのまま修理をお願いするつもりだったんですが、修理せずに下取りして新車に乗り換えませんか?という話が。

最初は言っている内容を理解できなかったのですが

・修理前の車を125万で下取りする
・車両保険の申請はして、修理代金を保険会社に請求する(50万くらい)
・125万+50万を頭金にして新車を購入する

という話のようです。なんか胡散臭い話にも聞こえますが、要は全損事故と同じような考え方のようですね。

ただ、出された見積もりが今とまったく同じ構成のナビなどを含んだ総額で328万。値引20万、下取り価格、修理代金などを引いても184万。まあちょっと無理ですねぇ。というか、スパーダの値引がまだ20万なのに驚きましたよ。

保険会社に事故報告をした関係で、今の車を購入したディーラーからも電話がかかってきて、同じような乗り換えを勧められました。ただ、新車じゃなくて試乗車を提供できるということらしく、値引額が60万になるそうです。

持ち出しが144万に減るわけですが、試乗車といっても中古だしなー。

そういえば、5月下旬発売のサイバーナビに搭載されている「ARスカウターモード」には興味があります(´д`)。

フロントガラス越しの映像に情報を重ねて表示できる「ARスカウターモード」搭載、新型カロッツェリア「サイバーナビ」
http://gigazine.net/news/20110509_carrozzeria/


偏摩耗

スタンドで洗車を頼んだときにフロントタイヤの外側の片減りを指摘されて、タイヤを交換しました。まだ、納車から10ヶ月ほどなのに(´・ω・`)。

背の高いミニバンに乗るのは、今回のSTEPWGNが初めてなので、タイヤの偏摩耗について、あまり知りませんでした。ミニバンは重心が高いため、コーナリング時に駆動タイヤの外側に負担がかかり変形して接地してしまうため、フロントタイヤの外側が「片減り」してしまうらしい。

実際、フロントタイヤの外側は、溝がほとんど無くなっていて、これ以上、摩耗すると糸が出てきてしまうくらいに。

「ミニバン専用タイヤ」というキーワードをCMなどで耳にするようになって久しいですが、このカテゴリのタイヤは偏摩耗対策をいろいろやっているようです。

BSのPlayz RV / REGNO GRV
YOKOHAMAのmap
Dunlop Enasave RV503
Goodyear EAGLE RV-S
などなど

TOYOタイヤは近所で扱っている店がほとんどなく、ミシュランは、このカテゴリのラインアップが無いので除外。

何件かカー用品店を回った限りでは、REGNO GRVで92000〜93000円、Playz/mapあたりが75000円位、EAGLEが65000円位と、ほぼ横並び。1店だけ、クリスタルというカスタマイズショップ(稲毛オーツ―パーク向かいのお店)はREGNO GRVで72000円、Playzが65000円とお安い(いずれも4本交換の場合)。

しかも、ロードノイズを軽減する窒素充填も、1本あたり1500〜3000円が相場なのに、価格を聞いたら「サービスします」という好条件。4本まとめて交換した場合は、アフターサービスとしてローテーションも無料だそうで、もうタイヤ変えるときは、毎回ここにします(´д`)。

BS REGNO GRV
ということでブリヂストンのREGNO GRVにしてみました。


245/40/18Rとか履いていた時期はタイヤ1本4万円くらいしたんだよなぁ。それに比べれば・・・と思うことに。



不具合というかなんというか

納車されたステワゴですが、納車翌日にセキュリティアラームの誤発報。

セキュリティアラームは作動するとログが残るらしく、そのログを見ると「リアゲートに異常があった」となっていて、調べてみるとセンサー用の配線が抜けてたらしい。ナビの取付業者がナビの取付作業中に、誤ってリアゲートのセンサー用配線を抜いてしまったためらしい。

でも、こういうミスは駄目ですよね。誤ってブレーキ効かなくなってました、とか洒落にならんし・・・。

で、更に翌日。

今度は、スマートキーの解錠ボタンでドアロックを解除して車に乗り込むと、ルームランプが消えると同時にドアロック発動。通常は、車内にスマートキーがある場合は一定速度で走行するまではドアロックはかからないはずなんですが。これだと簡単に内鍵してしまってJAFのお世話になりそうで怖い。

また、どっかのセンサー引っこ抜いてるんですかね(´д`)・・・。

スパーダ納車

今日はステップワゴン・スパーダの納車日でした。そういえば、3年前のストリームの納車の時も雨でした(´д`)。

嫁が朝9時ころに車を取りに出かけてから、日が暮れるまで帰ってこなかったんで、ほとんど外観も見られず。

SPADAのメーターはパープル
スパーダのメーターって紫色に光るんですね・・・。

グリルイルミネーション
派手なグリルイルミネーション。

気になっていたのは新しいサイバーナビ(AVIC-ZH9900)。少し弄ってみました。

気になっていたのは「iPhoneに入っている曲をBluetooth Audioで再生できるのか?」という点。結果、なんの問題もなくペアリングさえすれば再生できました。前のはケーブル接続だったし、iPhoneの充電に対応していなかったので、これならシガーソケットで充電しながら曲を再生できます。

で、電話の着信があったら、そのままハンズフリー通話ができるし。それから、初めてiPhoneを振ってシャッフル再生しましたよ。運転中に曲を変えたいときに良いなと。

あー、iPhoneって便利だな(違。

Bluetooth Audio

ちなみに、嫁の930SHで着うたの再生を試みましたが、ナビ経由では再生できませんでした。

ストリームで使っていたAVIC-ZH009Gは2Dモデルだとブレインユニットが無かったので、AVIC-ZH900MD以来ですが、ブレインユニットは3.5インチハードディスクくらいの大きさだったのが、2.5インチサイズになってました。

ブレインユニットは旧型よりだいぶ小さい

あいかわらず、ユーティリティのインストール方法や楽曲の転送が酷く面倒なんで、あまり使わないと思いますが。