ReadyNASでRAID5ボリュームを復旧

Ready NAS 104でRAIDボリュームの障害が起きました。

ボリューム: ボリューム data の状態は Redundant から Degradedへ変更されました。


壊れたディスクは2年くらい前に購入したWD Green 3TB。
そして、今回はWD Blue 3TBを購入。WD Greenシリーズは終了してWD Blueに統合されたようです。

3TB x 4の12TB(RAID5で9TB使用可能)の構成でしたが、障害は起きてもディスクが1本使えないだけで、6TBのNASとして普通に使えました。

ホットプラグ対応なので、電源を入れたままディスクを交換すれば、RAID5ボリュームの再構築が始まります。


再構築完了まで46時間。
最近、使わなくなった仮想PCのイメージをごっそり削除したので、大分空きスペースがあるんですが、結構時間がかかるようです。

ちなみに再構築中も、NASへのアクセスは可能。

ここ10年くらいNASを使っていて、RAID5の再構築は初めてです。大抵、本体が先に壊れるんで…。

ReadyNASは安定していて使いやすいんですが、ちょっと転送速度が遅い(平均25MB/sくらい)のが不満。価格とスペックを考えれば仕方ないんですが、クアッドコア・4ベイあたりのNASにそろそろ買い換えたいです。

SynologyやQNAPではDockerが使えるらしいので、次に買い換えるとしたら、そのあたりかな。


簡易水冷とSSDを交換

自作PCパーツを交換してから3年経過したこともあって、あちこちガタがきています。

まずは、簡易水冷から異音と振動が。

冷却性能自体には問題が無いので、もしかしたら、ラジエターファンだけ交換すれば大丈夫かもしれなかったのですが、念のため、Corsair H100からCorsair H110i GTXに交換。

ラジエターサイズが240mmから280mmになって、ファンも120mm x 2から140mm x 2と、かなり大きくなりました。

使っているケース(Cooler Master HAF 932)のスペース的には余裕なのですが、ネジ穴が240mmサイズのみなので、280mmのH110i GTXは、無理矢理取り付けました。8本のネジ穴のうち中央付近の4つだけ使い、筐体の天板がメッシュなので、メッシュの穴にネジを通して固定。

H100系を使っていた人は、素直に同サイズのものに交換したほうが無難です…。

ラジエターファンはアイドル状態だと、H100では2000rpm前後だったのに対し、H110i GTXは1300rpm。CPUの温度も36度前後から28度前後まで下がりました(H110iGTX Coolerのデバイスドライバーをインストールしないと800rpm固定となってしまうので注意)。

とりあえず、異音も振動も無くなったので安心。


それと、ブートドライブに使っているIntel 510 120GB SSDも不調。120GB x 2のRAID-0で構成していましたが、内1台に修復できないエラーが発生。フォーマットして一応、復旧はしたのですが、ここ数ヶ月、その個体だけiRST上でエラーが頻発していたので(chkdskでは問題無し)、2台とも交換。

たまたま、amazonでまとめ買いキャンペーンをやっていて、2台買うと1000円安くなるということで、256GBのSSDを2台購入。今回は、256GB x 2のRAID-1で構成しました。

これで、交換していないパーツはケースと光学ドライブだけになり、8年目に突入。

次にマザーボードとCPUを交換するタイミングで、ケースも換えたいところですが、280mmのラジエターを格納できるケースって、そんなに種類がないようで、やはりH100i GTXにすれば良かったかな…。


3年越しの自作PC安定

ここ3年ほど、自作PCでスリープできない(スリープから復帰できない)問題を抱えておりました。

メモリを32GB積んでいることもあって、仮想メモリとハイバネーションをOFFにしているので、それの影響か、USB関連の問題なんだろうなと、諦めていたんですが、Windows 10をクリーンインストールしたら、あっさり治りました…。

スリープできなくなったのはWindows 7の頃でWindows 7 > Windows 8 > Windows 8.1 > Windows 10とアップグレードしていく過程で、スリープの不具合も引き継いでいたようです。

Windows 7の頃に一度クリーンインストールをしても改善しなかったので、すっかり対策の候補から外していました。なにより面倒臭いですからね…。

原因がわからないのが気持ち悪いですが、電源を落とすくらいなら、アイドル時のクロックを落としてつけっぱなしのほうがいい、という運用をしてきたので、それよりはマシです。


それに加えて、今年の6月にグラボとサウンドカードを追加してから、一定時間経過するとフリーズしてしまう現象にも悩まされてきました。

ブルースクリーンになるわけでもなく、画面が停止して一切の操作ができなくなるので、VGAが怪しいと、アレコレ対策(ドライバーのクリーンインストール、ボードの抜き差し、設定変更などなど)してきたのですが、まったく効果が無く、最終的に電源まで交換したのですが、原因はサウンドカード(Sound Blaster Z)でした。

使用しているPCケースが、PCIスロットにカードを樹脂製のピンで固定する方式のものだったのですが、これをやめてネジ止めしたら治るという、物理的な問題。

PhysXの設定を変更したら、2日間止まらなかった!と歓喜していた2ヶ月前の私に教えてあげたいです。


Sound Blaster Zに換えてから、いろいろと問題があって、Creative Audio Serviceが常にCPUの使用率を15%ほど消費してしまうので、アイドル状態でもCPUのクロックが下がらず、無駄に電力消費をしてしまうので、このサービスだけ無効にしています。

ともあれ、(Fallout 4の発売前に)普通の状態に戻って、なにより。

教訓:パーツを交換するのは1日1個まで。



PCパーツを新調

今使っている自作PCは、ケース、電源、光学ドライブは7年目、それ以外は3年目に突入していて、そろそろマルっと交換したい気分なのですが、円安の影響もあって、すっかりタイミングを逃してしまい、全パーツを新調するのは厳しい…。

というか電源が7年経っているので、そろそろヤバい気もするのですが、電圧が不安定になることもないので、先送り…。精神的満足感が得られるVGAとサウンドまわりのパーツを交換してみました。

まずはVGA。

しばらくAMD勢だったのですが、当時は1枚で3画面を出せるカードがAMDからしか出ていなかったからで、3D Vision対応のモニタも持っていることだし、今回はGTX 980に乗り換え。GTX 980 Tiが出るようなので、値下がりするのを期待していたのですが、7万前後で落ち着いてしまったようです。

ASUSTekのOC版ですが、アイドル状態(GPUコアの温度が45度前後)だとVGAのファンが停止するようになっていて、かなり静かになりました。

次にサウンドカード。

長い間、Sound Blaster Recon 3D(USB)を使用していて、1台目は壊れてしまい、現在2台目を使っているのですが、OSをWindows 8.1にしてから、OS起動時に音が鳴らない現象が発生するようになりました。
おそらくUEFIでUSB電源ON > BIOSに戻ってUSB電源OFF > OS起動後にUSB電源ONというシーケンスになってしまっているので、デバイスの初期化に失敗しているのかもしれません。

USBを抜き差しすると復帰するのですが、起動時に毎回やるのが面倒くさすぎて、光デジタル入力(PS4の音声をヘッドセットで聴きながらSkypeを使うことが多いので)がある内蔵カードにしてみました。

Recon 3Dのコントロールパネルでは光デジタル入力のボリューム調整をできなかったんですが、Z-Seriesのコントロールパネルではミキサーで入力レベルを調整できるようになっていました。これだけでも買い換えて良かったかも。

最後にヘッドセット。

2年前くらいにRazer BlackSharkを購入して使っていたのですが、イヤークッションが破れてしまい、交換用のクッションも販売していなかったので(代理店に問い合わせて入手した方もいるようですが)、サウンドカードも買い換えたことだし、analogサラウンド対応のヘッドセットに買い換えてみようと、おなじくRazerのTiamat 7.1を購入しました。Tiamatが欲しくてたまらない病にかかる前に、5.1chのサウンドカードを買ってしまったのが悔やまれます…。

今はマウスもRazer Naga Hex、キーパッドにRazer Nostromoを使っているので、あれだけ使っていたロジクール製品は、すっかり駆逐されました。

Razer BlackSharkの前にロジクールのヘッドセットを買ったりしているんですが、装着感が酷くて1ヶ月で使わなくなったり、マウスの600rも、2ヶ月でチャタリングが発生するようになったりで、すっかりアンチになってしまったようです。MX Masterは出るのが遅すぎますよ…。


NETGEAR ReadyNAS 104

Aspire easyStore H342がお亡くなりに


Windows Home Serverで動いているH342なんですが、どうやら8/13のWindows Updateが原因でお亡くなりになったようです。再起動しても数分でアクセス不能になる状態で、リモートデスクトップでWindows Updateの履歴をみると、8/14にKB2982791がインストールされていて、8/20にもいくつかのパッチが当たっていました。アクセスできないのに気づいたのが8/21なので、8/14の月例パッチ後の再起動では問題がなく、8/20に2回目の再起動を行ったときに症状が出た模様。

以前に一度、64bit版のWindows 7からリカバリをしようとしたら"NetworkError"という表示が出て、XP Modeを利用してもダメ。最終的に32bit版のWindows 7が入ったノートPCからリカバリしたような記憶があります。今現在64bit環境しか持ち合わせていないため、一応リカバリを試してみたものの、やはりダメでした。

SSHで接続できるNASを探す


今回、原因を特定するまでにえらく時間がかかってしまったので、LinuxベースでSSHが利用できるものに限定してNAS選びをしてみました。

この時点で国内メーカーのNASは、ほぼ全滅(あれこれすれば出来るものが多いんですが)。QNAPは高すぎる。ということでNETGEARのReadyNASがよさげだったので、3TB HDD 4本と一緒に購入してみました。

ReadyNASは、Debian 7(Wheezy)で動いています。apt-getとかしなくても、管理画面からインストールできるアドオンにWordPress、Dokuwiki、RADIUS Sever、MySQL Server、PHPMyAdminなんかがあって便利です。

管理画面
右上の「SSH」のパネルをクリックして緑色に点灯した状態にするとSSHが利用できます(が、NETGEARのサポート対象外となります)。


SSHでログインして、どんなデーモンが動いてるのかを見てみた
# service --status-all
 [ + ]  apache2
 [ + ]  avahi-daemon
 [ - ]  bootlogs
 [ ? ]  bootmisc.sh
 [ ? ]  checkfs.sh
 [ ? ]  checkroot-bootclean.sh
 [ - ]  checkroot.sh
 [ + ]  connman
 [ + ]  cron
 [ - ]  ctscand
 [ + ]  dbus
 [ - ]  forked-daapd
 [ - ]  hostname.sh
 [ ? ]  hwclock.sh
 [ ? ]  killprocs
 [ - ]  leafp2p
 [ - ]  lsyncd
 [ + ]  mdadm
 [ + ]  minissdpd
 [ ? ]  mountall-bootclean.sh
 [ ? ]  mountall.sh
 [ ? ]  mountdevsubfs.sh
 [ ? ]  mountkernfs.sh
 [ ? ]  mountnfs-bootclean.sh
 [ ? ]  mountnfs.sh
 [ ? ]  mtab.sh
 [ - ]  nfs-common
 [ - ]  nfs-kernel-server
 [ - ]  nut-client
 [ - ]  nut-server
 [ + ]  procps
 [ - ]  rmnologin
 [ - ]  rpcbind
 [ - ]  rsync
 [ ? ]  sendsigs
 [ - ]  snmpd
 [ + ]  ssh
 [ + ]  udev
 [ ? ]  udev-mtab
 [ ? ]  umountfs
 [ ? ]  umountnfs.sh
 [ ? ]  umountroot
 [ - ]  ups-monitor
 [ - ]  urandom 

Ethernetポートは2つあって、チーミングも可。ついでにIEEE 802.3ad対応のスイッチも買おうと思ったのですが、PC側が1ポートしかないので、そのうち。

Windows 8.1のExplorer()


一部ミラーリングしていたボリュームはデータが取り出せそうだったので、PCに接続してネットワーク経由でコピーしようとしたのですが、2GB程度のフォルダのコピーで12時間以上かかった上に、途中でエクスプローラーがコケるという…。全体の容量はそれほど大きくないのですが、小さなファイルが数万ファイルあったので、リストアップするだけで10時間くらいかかり、やっとコピーが始まったと思ったらコケちゃうエクスプローラーかわいい。

そして、ReadyNASのUSB 3.0ポートにHDDを接続して同じフォルダをコピーしたら5分もかからずに終了ですよ。ただ、ファイル数が多いと、管理画面からのコピーではタイムアウトになってしまうこともあるので、SSHでログインして/media/USB_HDD_?から/dataにcpコマンドでコピーしました。

ストレージサービスにスナップショットを保存する


今回は、デフォルトのX-RAID(自動拡張のRAID5)でアレイを構築。しかし、RAID5でも痛い目にあっているので、あまり信用していません。ディスク個体の初期不良の保険といった感じで。

だいたい3年でHDDか本体が壊れるし、HDDは1本壊れたら大抵連鎖するのと、3年もたてばNAS自体が陳腐化しているので、まるっとNASを買い換えたほうがいいですね。

この機種はバックアップジョブを登録して、iSCSI(AWS Storage Gateway経由でAmazon S3とか)やクラウドストレージ(ReadyNAS Vault/DropBox)への定期バックアップが行えるのですが、AWS Storage Gatewayは最低120 USD/月くらいかかるのでiSCSIは無理。DropBoxは、やや容量不足なので、rsyncとcronを使ってAmazon S3にバックアップすることにしました。

この機種は、管理画面でS.M.A.R.T.を読めるのと、エラーが発生したらメールが飛んでくるので、壊れる前に買い換えるようにしないと…。


PC TV with nasne

先月公開されたPC TV with nasneの体験版をインストールしてみました。

OSをWindows 8.1にしてから、Power DVD 13やDiXiM Digital PC Plus等でDTCP-IP経由の再生が出来なくなっていたのですが、PC TV with nasneを試してみて原因がわかりました。

原因は「Hyper-Vの仮想スイッチ」。

パケットスニーフは許さない!ってことだと思うんですが、面倒くさいですね。

仮想スイッチマネージャーで作成していた仮想スイッチを全て削除したら、Power DVD 13、DiXiM Digital PC Plus、PC TV with nasneの全てで録画したコンテンツを再生できるようになりました。

ただ、ライブチューナーは、PC TV with nasneだけ「再生が中断されました」と出て再生できず。でも、他のプレイヤーでライブチューナーの再生はできるようになったので、問題無しです。


ありがとう! PC TV with nasne (使わないけど)


ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 20,389
(2013-10-10)

EIZO FlexScan EV2736W

DELLのU2711のバックライトが限界に近づきつつあるので、買い換え。
とにかく、U2711は発熱がひどいので、ようやく、のぼせから解放されそうです。

買い換えにあたって、USBのUP/DOWNポートが付いているのを条件に探していたので、あまり候補が無いのですが、EV2736Wが7万を切っていたので、amazonでポチ。EIZOのモニタも安く手に入るようになりましたなあ。

かなりベゼル薄いのがイイ。それから、基本的にPCつけっぱな人なので、ユーザーの離着席を感知して電源ON/OFFできるのがよさげです。

ようやく、Window 8.1に

実はパッケージ自体はだいぶ前に購入していたんですが、アップグレードを行うタイミングが無くて、ずっと放置していたWindows 8.1の導入を行いました。

Windows Media Centerを8.1でも使いたいと、いろいろ調べてみたんですが、どのパッケージを選んだら良いのか、まったくわからず、調べている時間もなかったので、以下の手順を取りました。


1)Windows 8 (無印) アップグレード用パッケージ
ここで、すでに間違っていたんですが、アプリの引き継ぎはWin 8 Proのパッケージを買わないとダメだったようです。Windows 7 UltimateからWindows 8へのアップグレードだったので、データの引き継ぎしかできませんでした。

2)無償のアップデータでWindows 8.1へアップグレード
ストアでWindows 8からWindows 8.1へアップグレード。

3)Windows 8.1 Pro Pack with Windows Media Center(ライセンスのみ)
最後にWindows 8.1 Proへアップグレード。


ということで、ほぼクリーンインストールになっちゃったので、Windows 8.1 Pro DSP版で良かったんじゃないかと…。後で知ったのですが、ストアでMedia Center Packが800円で買えたようです。とすると


1)Windows 8 ProのアップグレードパッケージでWindows 7 Ultimateからアップグレード
 ※Windows 7からWindows 8.1だとアプリの引き継ぎが出来ないため。

2)無償のアップデータで8.1にアップデート

3)ストアでMedia Center Packを買う


というのが正しいルートだったのかもしれない。

こういうのが面倒臭いから、OSXでいいやってなっちゃうんだと思いますね…。

こうして、苦労してアップデートしたものの、Windows Media Centerで使う予定だったTVチューナーのドライバーがインストールできず(これも回避する方法があるみたいですが、一旦Windows 7に戻す必要があるので諦めました)、無駄な努力に…。


Drive extender migrator serviceが起動しなくなったり。

最近、ブログの更新も、すっかり滞っております。

iPhone 5sを3台買ったり、PS4を予約したり、iPad mini rethinaを買ったり、普通に暮らしております。

そんな中、Windows Home ServerのHDDが1台故障。

新しいディスクに交換したのですが、故障したディスクを管理コンソールから削除しようとすると「ファイルの競合が原因でハードドライブが削除できません」的なメッセージが表示されて、削除できなくなってしまいました。

とりあえず、NASとしては機能するので、放置していたんですが、いつまで経っても記憶域のバランスが行われず、交換したHDDが空き容量に追加されない状態になっていました。

いろいろ調べてみると、Drive extender migrator serviceが起動中にコケてしまっていることが原因らしい。どうやっても、このサービスだけ起動することができなかったので、レジストリエディタで

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows Home Server¥Storage Manager¥Disks

から該当ディスクのレジストリエントリをまるっと削除。再起動すると、Drive extender migrator serviceが起動していて、交換したディスクが空き容量に追加されました。

おそらく以下のレジストリも関係していると思うんですが、今回は弄りませんでした。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows Home Server¥Storage Manager¥Volumes

後から考えると、だいぶコワイことをしたなぁと思います…。

Radeon HD 7970 CFX

8/1にリリースされる予定のFFXIVベンチマークから、CFX/SLIに対応するということで、もう1枚、HD7970を購入してみました。クロシコのデュアルファンのやつです。HD7970もGHzエディションじゃなければ、発売当初の半値くらいですね。

2枚とも、PCI Express x16で動かしたかったので、キャプチャーボードを取り外し、4番スロットにHD7970を追加。2枚ともPCI-E 3.0 x16で認識されました。

これで、最高設定、解像度2560x1440でスコア7000超、もしくは1920x1080で平均フレームレート100超のどちらかが達成できるといいんだけど。

ついでにRampage VI ExtremeのBIOSを4206にアップデートしました。このアップデート後に、少し負荷をかけるとPCHが60℃越えで警告がでるようになっちゃいました。アイドル時でも55度以下にならず、いろいろ調べてみるとBIOSの設定でPCH Fan : Disabledになっていました…。

この罠、放置していていいんだろうか。