Panasonic DIGA DMR-BRX2050

2012年に購入した、ソニーのBDレコーダー「BDZ-AT970T」の調子が悪くなってきて、ハードリセットしないとメニューを開けない状態に。6年も稼働させてたら壊れても仕方が無いかなと思い、代替機としてパナの「DMR-BRX2050」を購入。いわゆる「全自動DIGA」というやつの、廉価モデルです。

最近は予約録画をする習慣すら無くなるほど、テレビは観なくなったのですが、放送翌日にSNSとかで話題に挙がった番組を観たかったなーと思うことは多いので、全チャンネル録画ができるほうがいいかも?と3分程悩んで、この機種に決定。最近のレコーダー事情には疎いのですが、ソニーには全録できるモデルが無いようなので、早々に候補から外れました。

「ほぼ全自動DIGA」を目指す


パナの上位機種は11チューナー、7TBというスペックで本当の意味で「全自動DIGA」ですが、廉価モデルは7チューナー、2TBと、やや役者不足感が。とはいえ、4Kチューナー無しのレコーダーに16万も出すつもりはないので、4TBの外付HDDを追加し、全録用(チャンネル録画用)の容量を底上げして「ほぼ全自動DIGA」くらいにする算段です。

外付HDDには4チャンネル分を割り当てられるので、内蔵HDDに2チャンネル分、外付HDDに4チャンネル分を割り当て、全ての番組を4倍録(HE)で録画したとして約9日分、これを設定で2〜3週間分にしたいところ。

チャンネル録画設定でハマる


全録の設定は以下のようにしました。
種別チャンネル録画モード録画先
チャンネル1日テレ4倍録USB-HDD
チャンネル2TBS4倍録USB-HDD
チャンネル3テレ朝4倍録USB-HDD
チャンネル4フジ4倍録USB-HDD
追加チャンネル1NHK4倍録HDD
追加チャンネル2テレ東4倍録HDD
加えて録画時間帯を「6:00〜12:00」、「18:00〜3:00」にして、ニュース、ワイドショー、バラエティー、ドキュメンタリー、趣味・教育、福祉のジャンルは15倍録に設定して、目安となる録画機関は17〜23日くらいでした。

6チューナーのうち、追加チャンネル分の2チャンネルは使用すると、いろいろと制限がかかります。
  1. BD再生やNetflixを視聴すると追加チャンネルの録画が停止する
  2. 「どこでもDIGA」やDTCP-IP対応アプリを使ってネットワーク経由で視聴したい場合は、本体の電源をOFF(リアルタイムで番組を視聴していない状態)にする必要がある
  3. 追加チャンネルの録画先は内蔵HDDのみ

と、割と厳しい制限なのですが、とりあえずNasneでこのあたりはカバーできそうなので、しばらくは6チャンネル録画で運用してみるつもりです。

で、最初のセットアップが終わった後に、何故か追加チャンネルの2チャンネル分が録画されず、「放送を受信できません」という警告が出ていました。B-CASカードを変えたり、ハードリセットをしたりしても改善されず、一度、追加チャンネル設定を全削除して、再度設定すると、録画されるようになりました。

使い勝手


・番組表が割と酷いレイアウト(バナーとプレビューが邪魔。番組表の表示中は音声だけでいいのに)
・テレビがREGZAだとHDMI CECが一部機能しない(電源OFFのほうは連動するが電源ONが連動しない)
・リモコンの音量ボタンが押しにくい(配置が上すぎ)
・新着番組ボタンは使いやすい

DIGAを初めて使うので慣れもあるんでしょうが、これまで避けてきたメーカーだけあって、UIの文化的に好きになれそうにありません…。

とりあえず、1週間くらい録画させてから、改めていろいろいじってみます。

SONY BDZ-AT970T

既にBDZ-AT970Tを購入することは決めていて、先週から家電量販店をまわって価格を調べていたんですが、最終的に、秋ヨドで購入。

ソニーのBDレコーダーは、そろそろ新モデルが発表されそうな時期(BDZ-ET1000とか型番は出てきていますね)ですが、BDZ-X90の時に、ファームウェアの不具合で泣かされた経験もあって、熟れた現行モデルのほうがいいかなと。

東芝のREGZAは7月末にニューモデルの発表があって、既に秋ヨドではDBR-Z150の在庫が無かったので、待ちすぎてタイミングを逃すよりはいいかなと。

しかし、録画予約時にチューナーを選択する必要が無くなったのと、9チャンネル6時間表示の番組表だけでも、買い換えて良かったなと思います。

さて、次はAVアンプあたりを(´д`)。

Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA

EOS Kiss X4とレンズはソニーストア経由でソフマップに買取してもらい、88,000円分のお買い物クーポンに変化。そして、ソニーポイント全額と、最後の割引クーポン(AV15%)も投入して、

・外部ストロボ(HVL-F42AM)
・ズームレンズ(Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA)
・MCプロテクタ(VF-62MPAM)

に交換。若干、差額は払いましたが、ほぼクーポンとポイントだけで賄えました。

DT35mm F1.8 SAM
DT35mm F1.8 SAM

Vario-Sonner T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA
Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA + HVL-F42AM

最初は、タムロンの便利ズーム(B003)のAマウントにしようかと悩んだのですが、α55でも通信エラーが発生するようで(伊集院光の深夜の馬鹿力で間違えてシグマにタムロンのレンズ送っちゃったエピソードの中で話していました)、見送りました。シグマの30mm F1.4は、とてもよかったので、そのうち50mmくらいのを買い足すかも。

というわけで、一通り揃いはしましたが、まともに触れていないので年末年始に撮りまくってみます。


α55モーションセット

少し前に店頭でα33を触って、そのAFの速さと連写を体感してしまい、一時期買い換えを検討していたのですが、仕事が忙しかったこともあり、熱も冷め放置。

で、先日の静岡旅行と、先週土曜日の音楽ホールでの撮影でいろいろ不満が出てきて、α55への買換えが再燃(写真の腕がないのを連写でごまかす作戦)。


ソニーストアを覗いてみたら、α55とSONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSMのセットが174,025円で販売されているのを見つけ、一旦カートに入れて割引クーポン適用後の価格を見てみると。

139,220円(AV15%OFF)
132,259円(SonyCard決済5%OFF)
114,856円(17,403ソニーポイント)

Gレンズを定価で買ったら「本体はオマケ」みたいな値段になる(´д`)。ということでポチ。

α55 + 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

DT35mm F1.8 SAMも一緒に注文したのですが、まだ到着せず。

同時にソニーストアにKiss X4とレンズ、スピードライトを下取りに出し、買取上限でソニーポイント10万円分くらいになりそうなので、DT16-80mm F3.5-4.5 ZAとHVL-F42AMと交換しようかなと。

レンズ1本分くらいの出費で乗換ができて、とりあえずは満足です。


Canon スピードライト430EX II

最近、屋内外問わず、逆光でボツにした写真が多かったので、外部ストロボを買ってみました。

Flickrで他の人の室内撮りの画を観る度に、この柔らかい光源ってどうやってるんだろうと思っていましたが、天井にバウンスさせるだけで、同じような画になったので、ちょっと感動。ディフューザーを付けて正面から当てても、また違った画になって面白い。

Coco

これを月末の旅行に持って行こうかなと思っているんですが、カメラバッグがパンパンで新しいバッグも欲しくなってきた(´д`)。


EOS Kiss X4 + Tamron B003 通信エラー (2)

通信エラーが発生していたタムロンのB003ですが、修理から戻ってきました。

【修理内容】
「絞り作動不具合のよる現象のため、分解し部品交換の上、各部点検調整致しました」

【交換部品】
・直進筒ASSY VC付 x 1
・コマ x 6

直進筒ASSYって、花形フードを付ける部分の筒全体のことでしょうか。

で、少し試し撮りしてみましたが、なんかまったく別物のレンズを使っている感じで、すこぶる快調。通信エラーも発生しなくなりました。

今回、タムロンのアフターサービスにはちょっと感動しました。戻ってきたレンズの梱包も完璧だったし(わざわざテープの端を折って開けやすくしてあったり)、レンズ内に少し埃が入っていたのも綺麗に除去されていました。

なんか、こう、中の人をイメージできる対応ってイイですね。

EOS Kiss X4 + Tamron B003 通信エラー

嫁が運動会の撮影にカメラを使うということで、撮影機材の準備していたのですが、18〜35mm付近で撮影すると、100%通信エラーが発生するように。純正レンズやSIGMAの単焦点レンズでは発生しないのですが、以前からタムロンの18-270mmを使っているときだけ、たまに通信エラーが発生していました。

このときは、特定の焦点距離の時に通信エラーが発生するものと思い込んでいたので、嫁に18〜35mm付近は使わないように伝えておきました。

で、運動会当日。

嫁から電話があって、35mm以上の焦点距離でも通信エラーでまくりとの報告。いろいろ設定を弄るように伝えて、試行錯誤してみた結果、絞り優先(Av)だと通信エラーが発生しにくいということで、絞り優先モードで全て撮影させてみました。

で、帰宅した嫁からSDカードを受け取って撮影データを見てみると、露出アンダーの撮影データが多すぎ。通信エラーでフリーズする場合と、フリーズまではいかないものの露出値が異常値になってしまうパターンがあるようで、露出アンダーな撮影データは、全てシャッタースピードが1/4000でした。

これは、もうレンズを修理に出さないとダメかなと、とりあえずエラーの再現方法を洗い出しておこうと思い、まずはカメラ本体側の問題と切り分けるためにファームウェアを最新のものにバージョンアップ(ver.1.0.6→ver.1.0.8)。

さて、どの条件でエラーが出やすいかなーと、いろいろマニュアルで設定を変えて撮影してみたところ、

一切、通信エラーが発生しなくなりました…(´д`)アレ?

カメラ本体のファームウェアが原因だったんでしょうか。1.0.8は動画撮影時の不具合の修正と説明がありますが、抜けているver.1.0.7の修正内容がとても気になります。

追記:

症状復活。レンズ修理依頼中です。



Adobe Creative Suite 5 Web Premium

Dreamweaver 8単体から、CS4 Web Standardに有償アップグレードして、CS5 Web Premiumに無償アップグレードしてみました。

icon

まだ、PhotoshopとDreamweaverくらいしか使ってないんですが、今回、PhotoshopにSIGMAのレンズプロファイルが組み込まれているので、試してみました。

Canon EOS Kiss X4 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC / HSMで撮影したデータ。

RAW + JPEGで撮影したJPEGを縮小したもの。
オリジナル

RAWファイルを開いて、レンズプロファイル補正だけをかけたもの。
レンズプロファイル補正済

「Adobe (SIGMA 30mm F1.4 EX DC / HSM, Canon)」というプロファイルが自動選択されて、周辺光量、色収差、ゆがみが勝手に補正されますよ。補正をON/OFFすると、「あー、こんなに歪んでるんだなー」とよくわかるので何度もON/OFFしてしまいます(´д`)。

4693076018_588e453665_o.gif

なんでも補正すりゃいいってもんでもなさそうですが、地味に便利だなーと。

Kiss X4にマグニファイヤーアイカップを付けてみる

EOS Kiss X4で使うマグニファイヤーアイカップを物色。

ファインダーの視野率とか倍率って何それ?という感じでしたが、ズームレンズでAFが迷いまくってしまう時にマニュアルフォーカスで微調整をしたくなるシーンを少し経験してから、ファインダーの大きさに若干不満が。

そういえば、昔、親父が持っていた銀塩(たしかAsahi Pentax SL)のファインダーって広かったなぁと思いつつ、いろいろ調べていてマグニファイヤーアイカップにたどり着きました。

Magnifier
手元に何故か二種類ある(´д`)。左がPanasonic DMC-L10付属品のVYC0973、右がOlympus ME-1。

とりあえず、オリンパスのME-1というものと、パナソニックのLUMIX DMC-L10に付属しているマグニファイヤーアイカップ(VYC0973)がEOS Kissで使えるらしいという情報を元に、値段を調べたら、VYC0973が1400円位と安い。一方、ME-1は3800円ほど。

値段の安さに釣られてVYC0973を買い、実際に装着してみると少しカメラを斜めにしたら落ちてしまうくらいユルい・・・。

がっかりして「ME-1買えばよかった」とTwitterで愚痴をつぶやいてみたら、「余っているME-1をお譲りしますよ」という天の声が・・・。

で、頂いちゃいました。いやー、神っているんですね(´д`)。

ME-1は、Kiss X4のファインダーにカッチリ固定できて落ちる心配もないし、気持ちクッキリ見える(VYC0973は若干、周辺がぼやける)。

me-1
左:ノーマル、右:ME-1装着

デジカメでファインダーを接写してみました。実際、Photoshopで左の映像を120%拡大すると、同じくらいの大きさになるので、このくらいの差があるんですね。かなり見やすくなった気がします。元々視力は良い方ではないので像が大きく見えるのは助かります。

ただ、ディスプレイオフセンサーにアイカップが被ってしまうので、センサーの反応が悪くなります。私は思い切って液晶画面の自動OFFを切ってしまいました。DISPボタンで手動でON/OFFすればよいだけだし。

ということで、茶色神に感謝。大事に使います。

ドンケ F-10 / BlackRapid R-Strap RS-4

カメラバッグは、かなり悩みましたが、ドンケ F-10にしました。サンドカラーの在庫が無く、いくつかのショップで注文するも入荷未定でキャンセルされ、最終的にオリエンタルホビーで購入。

DOMKE F-10
シグマ30mmを付けたKiss X4ボディとタムロン18-270mmを一緒に入れても若干余裕がありました。

それから、オリエンタルホビーのショップページを見ていて、つい衝動買いしてしまったのが、BlackRapidのR-ストラップ。



こんな風に素早く構えたいわけではないんですが(´д`)。EOS Kiss X4に付属してきたストラップだと、構える時に左右のストラップの付け根部分が、邪魔だなぁとか思っていたところだったので、思わず。

BlackRapid Strap RS-4
肩パッドにポケットがついていますが、メモリーカードくらいしか入らない小さなもの。

これならカメラボディが増えてもストラップを買い足さなくても(ry。