Retina displayへの対応具合

■Firefox
ナイトリー・ビルドをダウンロードしてabout:configでlayers.acceleration.disabledをtrueに変更して再起動すると、文字は綺麗に表示されるようですが、このナイトリー・ビルドを常用するのは難しいですね。Firefox 16までRetina対応はお預けなんでしょうか…。

※追記:現行のFirefox 13.0.1でもEclipseと同じInfo.plistの編集で、高解像度化できました。Eclipseと同じ手順を行ったあと、上記のlayers.acceleration.disabledをtrueにすることで、retina化できます。

※更に追記
以下の手順でもRetina化できます。
1)ターミナルを開いて以下のコマンドを実行
$ defaults write /Applications/Firefox.app/Contents/Info NSHighResolutionCapable -boolean true
$ touch /Applications/Firefox.app

2)Firefoxの「環境設定」を開き、「詳細」の「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する(可能な場合)」のチェックを外す
3)Firefoxを再起動

■Chrome
こちらもChrome Canaryをダウンロードしてみたら、綺麗に表示されました。こっちは比較的早く対応しそう

■Zend Studio 9
Zend StudioというかEclipseです。IDEが一番Retina対応してほしいものなんですが、Contents/Info.plistを編集することで対応できるということでやってみました。

1)Zend Studio.appを「パッケージを表示」で開く。
2)Contents/Info.plistをエディタで開く
3)/dict/plistに以下のエントリを追加して保存

<key>NSHighResolutionCapable</key>
<true/>


4)Zend Studio.appのコピーを作成
5)「Zend Studio のコピー.app」を右クリックして「情報を見る」を開き、「低解像度で開く」のチェックボックスが外れていればOK。

これで、Retina対応となりました。

■Diablo3
グラフィックス設定で解像度を2880x1800にするだけでOKでした。綺麗なんですが、スクロールで少しモタツキます。

■Civilization V - Gods and Kings
ゲームはフルスクリーンで解像度を変更するものが多いので、比較的対応は簡単なのかなぁと思っていたら、こちらはダメでした。解像度で2880x1800は選べるのですが、描画されるのは中央部分だけで黒縁表示になってしまいます。ということで、いまのところキチンと動作する解像度は1440x900まで。あと、うちの環境では「指導者シーンの質」を最低に設定しないと、他文明と初めて遭遇したときにフリーズしてしまいました。


という感じで、とりあえずIDEのRetina化ができたので大変満足。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL